脳梗塞後遺症・片麻痺のリハビリ『百彩整骨院』

片麻痺、正しい動作をするには正しい関節可動域の確保が重要

 
この記事を書いている人 - WRITER -

当院のブログ記事にお越しいただきありがとうございます。

 

 

片麻痺の方に限った事ではありませんが、特に片麻痺の方は痙縮や拘縮、筋緊張によって麻痺側の関節可動域が著しく狭まっている方が多くいらっしゃいます。

※麻痺側だけでなく良い方側の関節可動域が狭まっていることも多いです。

 

今回は、

 

「片麻痺の方が正しい動作をするには正しい関節可動域の確保が重要」

 

というテーマについて当院の考え方を述べていきたいと思います。

 

※ここに記載したことは、あくまで当院の考えによるものです。

すべては、自己責任のもとで判断し行うようにして下さい。

当院では、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

 

関節可動域とは

関節可動域とは、読んで字のごとく各関節がそれぞれ運動を行う際に動く生理的な運動範囲をいいます。

 

身体の各関節が傷害などが起きないで生理的に運動することができる範囲(角度)であると定義されています。

 

関節可動域は、靭帯・腱・筋肉および関節包がどの程度強固に関節を取り巻いているかによって決まります。

 

これらの構造がよりゆるく柔軟であればあるほどより大きく動くことができ、逆に強固であればあるほど動きは小さくなります。

 

 

※もっと詳しく関節可動域についてお知りになりたい方は、インターネットなどで検索してお調べ下さい。

ここでは、省略させていただきます。

 

 

クライアント様の施術の中で関節可動域について思う事

当院を受診されているクライアント様を施術していて思う事は、来院当初ほとんどの方がほぼすべての関節で正常に近い可動域をもっていないということです。

 

体験施術で来院される方も、腕は動かせるけど手首から先が動かせない、歩くことはとりあえずできるけど思うように足が出てくれないなど・・・

 

いろいろな悩みや不具合を訴えます。

 

ご本人としては、動かせない部分以外はそれなりにきちんと動いているからその他の所は大丈夫と思っているようです。

 

しかし、動かない部分の関節可動域がないのは麻痺のために動かないというのはもちろんのこと、関節周囲が筋緊張や拘縮、痙縮などにより固まっている事がほとんどの方で見られます。

 

施術などでクライアント様の関節を動かしてみて麻痺で動かないというのも問題ですが、動かすための関節可動域が保たれていないという事も正しい動作をさせていない理由であるという事に気づかされました。

 

 

なぜ正常な関節可動域は必要なのか?

片麻痺の方は、ほとんどの方が正常な関節可動域を持ち合わせてない場合が多く見られます。

 

健常な方は、少しぐらい関節可動域が狭まっても他の筋肉で可動域の狭まった関節の動きを補うかのように代償させて使う事ができてしまいます。

※あまり良くない事ではありますが・・・。

だから悪くなっていることに気がつきにくいのも確かなのですが・・・。

 

しかし、片麻痺の方は関節可動域が狭いほど残存した他の筋肉で動かそうとするので、補う筋肉にも負担が相当大きくなってしまいます。

 

それが、長い年月をかけて身体全体に負担がのしかかってきます。

 

その影響から筋緊張や痛み、シビレなど症状の残存率が高まってしまう原因の1つになっていると言えます。

 

少しでも正常な関節可動域に近づけることは、効率の良い動き、正しい動きを取り戻すことにつながっていきます。

 

そのことは、麻痺した身体にかかる負担も減り、しいては麻痺の機能回復に大きな役割を果たすからです。

 

 

正しい関節可動域を取り戻さないと正常な動作ではない

仮に、麻痺した筋肉の機能が回復し少しづつでも動かせるようになってきたとします。

 

その時、筋肉が働き出し動きが戻ってきたとしても関節が固まっていたり、腱や筋肉、関節包などが緊張していたら正しい動きができるでしょうか?

 

動かせる量や範囲が限られてしまい、正しい動作ができるようになってくるとは、到底考えられません。

 

麻痺した筋肉を機能回復させることも重要だと思いますが、その前に人体すべての関節に正しい関節可動域を取り戻させることは、もっと重要であると言えるかもしれません。

 

正常な動作を取り戻すためにも、まずは各関節の正しい関節可動域が確保できているかも重要です。

 

ご自分ではわかりにくいと思いますので、今現在担当されている理学療法士などの専門家の方々に確認してみて下さい。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

「クライアント様の施術の中で関節可動域について思う事」の見出しの所でも述べましたが、

 

私自身が関節を可動させようとしても(麻痺で動かないのはもちろんのこと)筋肉や腱・靭帯・関節包などが固まっていて動きたくても動けない状態に関節があるという方がほとんどに感じます。

 

正常な関節可動域を確保、または正常に近づけることで麻痺した筋肉が機能を取り戻した時に正常な動作が出現しやすくなると考えています。

 

そのための準備をした施術を当院では大事にしています。

 

麻痺した筋肉に正しい動作をさせるためにも、正しい関節可動域の確保が重要であるということを覚えておいて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です