脳梗塞後遺症・片麻痺のリハビリ『百彩整骨院』

片麻痺、ケアマネさんの言う事をすべて信じていいのか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

当院のブログ記事にお越しいただきありがとうございます。

 

片麻痺の方が回復期病院でのリハビリを終え、退院が近づくと退院してからのサポートを担当してくれるケアマネージャーさんを地域の包括支援センターや介護事業所などでお決めになられることと思います。

 

その際、担当になったケアマネージャーさんに、退院後にご自分がどのようになりたいか、どういうリハビリがしたいか、今の状態からもっと良くなりたい、または現状維持ないし、悪くさせないようにリハビリしたいなど様々な要望を出されると思います。

 

それに対してケアマネージャーさんは、その方にとって最適な選択肢を検討していくつかの計画案を提出してくれると思います。

 

でも、当院のクライアント様のお話を聞いている中で、病に倒れこれからどのようにしてよいのか全くわからない状態で紹介されたケアマネージャーさんに言われるがままに何が良いのか悪いのかも解らずに、退院後のリハビリを開始したんだ・・・

 

なんて話もちらほら聞きます。

 

それでもケアマネさんにご自分の希望を聞いてもらい選択し、最良だと思って開始したリハビリ生活ではあるのに何かしっくりこないなんて疑問を持っている方も多いのでは・・・。

 

片麻痺になった方にとって良き相談相手で良き理解者でもあるケアマネージャーさんではありますが、

 

今回は、

 

「ケアマネージャーさんの言う事をすべて信じていいのか?」

 

というテーマについて、当院の考え方を述べてみたいと思います。

 

 

※これから述べる考え方は、ひとつの参考意見としてお読みいただければと思います。

決してケアマネージャー様を悪く言うものではありませんのでご理解の程よろしくお願いします。

 

 

ケアマネージャーという仕事

ケアマネージャーとは、

 

正式名称は、介護支援専門員といいます。

 

介護保険法にそって介護にまつわる相談内容を、要支援、要介護認定者またはそのご家族から依頼を受け、その方に最適な解決策を介護サービスの給付計画(ケアプラン)を提供します。

 

そして、介護サービスを提供する自治体や民間の介護サービス事業者との連絡、調整等を行っています。

 

最終的に介護を必要とする人が、可能な限り自立した生活を送れるようにサポートしていきます。

 

いわば介護や支援を必要とする方たちに対して、介護に関するコーディネートやマネージメントを行う仕事をしています。

 

ケアマネージャーさんも人間だ

ケアマネージャーさんも、介護に関しての様々な依頼や相談に対して、その方に最適な提案ができるように日々、勉強をされていることと思います。

 

ケアマネージャーさんの業務内容から考えると、介護に関するコーディネートやマネージメントが主な業務です。

 

脳卒中の後遺症である片麻痺に対してそれなりの知識を持ち合わせている方は、仕事柄当然多いと思います。

 

しかし、症状の改善方法やリハビリ訓練といったものに関してある程度知っていても、リハビリ訓練においては専門分野でもある介護施設やデイケア、デイサービスなどに機能回復や症状の改善に関する事は、お任せしている事と思います。

 

ケアマネージャーさんも人間です。

 

業務範囲であることに関しては利用者様のために勉強することと思います。

 

それ以外の細かい知識を学ぶということはそれぞれのケアマネージャーさんによるものかもしれません。

 

ケアマネージャーさんも人間です。

 

どこまで、業務内容からそれ以上の知識を得ようとすることは、その方によりますよね。

 

だからケアマネージャーさんの言う事すべてが正しいとは言い切れませんよね。

 

ケアマネージャーさんは万能ではないので自分で調べることも必要だ

ケアマネージャーさんは、その方にとって最適な介護ケアプランを立ててくれると思います。

 

ただし、それがその方にとって本当に最適なのかどうかは実際にリハビリ訓練などを体験してみないとわからない事もあると思います。

 

でもケアマネージャーさんも万能ではありません。

 

まずはご自分でも、またはご家族様でも身内にかかわってくる全てのことに対して調べることは、必要ではないかと感じています。

 

今のご自分にとって何が最適な選択なのか、どれが効果的なのかをご家族様またはご自身で調べてみて下さい。

 

ご自分の今後にかかわってくることですから、ケアマネージャーさんや介護関係の方の助言を鵜呑みにしないでまずは調べてみて下さい。

 

今はインターネットで何でも調べられる時代ですから、大いに活用して下さい。

 

 

まとめ

片麻痺になられた方にとって、大なり小なり介護関係のスペシャリストであるケアマネージャーさんの助言などで自立生活に向けての機能回復の道筋を立ててこられたのではないでしょうか。

 

ケアマネージャーさんは、介護に関する事の全般的な知識は豊富にあっても、片麻痺に対してのリハビリ訓練、機能回復の事細かな内容を知った専門家ではありません。

 

まずは、ご自分が今後どのようになりたいのか、どのような機能回復を望むのかでもリハビリの進め方も大きく変わってくると思っています。

 

そのために、まずはご自分やご家族様がある程度、色々なことについての知識を得るために調べるという事が必要ではないかと思います。

 

ご自分達で調べたことや、ケアマネージャーさんの提案を含め総合して、より良い選択ができればよいのでないかと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です