脳梗塞後遺症・片麻痺のリハビリ『百彩整骨院』

片麻痺、なぜマッサージやストレッチでは筋緊張が戻るのか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

いつも記事を読んでいただきありがとうございます。

 

当院のクライアント様の中にも来院前は、痙性による筋緊張やつっぱり感が気になると強く訴えていて、改善したい症状の1つであるとおっしゃっていました。

 

片麻痺の方の訴える症状として、手足が動かせない、痛みやシビレが気になるという意見が大数を占める中、筋緊張やつっぱり感が気になるという方も非常に多いというのも事実です。

 

この記事をお読みの皆様の中にも、筋緊張やつっぱり感が気になり、デイサービスやデイケア、治療院などでマッサージやストレッチ、関節可動域訓練などしてもらっている方もいらっしゃると思います。

 

やってもらったその時は、少しは筋緊張が弱まったり、つっぱり感が楽になったりするけど帰る頃にはもう元に戻っている、なんて経験した方も多いのでは??

 

今回のテーマでもある、「マッサージやストレッチでは筋緊張やつっぱり感が戻ってしまうのか?」

 

それは何故なのかを当院の考えによる見解を述べてみたいと思っています。

 

 

一般的なマッサージやストレッチの効果とは

片麻痺の方にとって、痛みやシビレ、手足が動かない、動かしにくいというのも辛いですが、何気に体の筋緊張やつっぱり感で固まっている状態での生活も大きな悩みの1つではないでしょうか。

 

半ば手足が動かなくても、このつっぱり感や筋緊張、それによる痛みやシビレだけでも生活していて減らしたい、そんな事思っていませんか?

 

だからこそ皆様もマッサージしてもらったり、ストレッチしてもらったりしているのではないでしょうか?

 

では、マッサージやストレッチをする事によって体にはどのような効果があるのでしょうか。

 

マッサージすることで、期待できる効果とは

  • 固くなった筋肉をやわらかくする
  • 筋肉内に溜まった老廃物をながす
  • 筋肉内の血行を促す
  • リンパ液を含め体液の循環を促す
  • リラックス効果
  • リラックス効果による自律神経の安定
  • 体液の循環が良くなることで新陳代謝の促進
  • 筋肉がやわらかくなることで、可動域の向上

まだまだたくさん、体への効果はあると思います。

 

またストレッチにはどのような効果が期待できるのか。

基本的にはマッサージと同じ効果を得やすいです。

  • 筋肉や腱を伸ばすことで関節の可動域を改善する
  • 筋肉や腱を伸ばすことで関節や筋・腱付着部の負担を減らす
  • 筋肉や腱などの柔軟性を高める
  • 筋肉や腱を伸ばすことで、その部分の血液循環を良くする
  • 姿勢改善や運動能力の向上にもつながる

などマッサージとは少し違った効果も期待できます。

 

 

片麻痺の方へのマッサージ、ストレッチ効果は?

片麻痺の方は、常に筋緊張やつっぱり感といった症状に悩まされているため、常にこれらを取り除いて欲しいと思っていると思います。

 

筋緊張やつっぱり感をやわらげる方法の1つとして、マッサージやストレッチは効果的であると言えます。

 

また、筋肉が柔軟になり関節の可動が増すことにより、麻痺した手足が動かしやすくなることもあります。

 

血流が良くなることで、冷えなどの知覚や感覚が良くなることもあります。

 

心身のリラックス効果により精神の安定にもつながります。

 

マッサージやストレッチは、片麻痺の筋緊張やつっぱり感を一時的に和らげる効果はあるといえます。

 

 

ではなぜマッサージ、ストレッチ効果が持続しないのか?

マッサージやストレッチをすると一時的には筋緊張やつっぱり感が楽にはなるが、なぜその効果が持続しないのか?

 

理由としては以下のことが原因ではないかと考えています。

  • 痙性を抑制できていない
  • 日常生活の中で過剰に肉体を使いすぎている
  • パワーリハビリや歩行訓練など訓練のし過ぎ
  • 体から脳、脳から体への情報、命令系統の誤動作
  • 麻痺側の足にしっかり体重がのせれていない

などがあげられると思っています。

 

まだまだ他にも理由はあると思いますが・・・。

 

これらのことを改善していかない限り、マッサージやストレッチなどを毎日しても、少し楽になって、また元に戻っての繰り返しになり、半年、1年と経過しても結果として何も症状自体は改善していないということになってしまいます。

 

どんなにマッサージやストレッチをしてもらっても上記した原因を意識して変えていかない限り、筋緊張やつっぱり感が一時的に良くなっても、筋緊張やつっぱり感をつくらない安定した身体にはなりにくいということがいえると思っています。

 

急場しのぎの症状緩和には、マッサージやストレッチを取り入れることは良い事だと思いますが、本当の意味での痛みやシビレの改善はというと、???な気がしませんか。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

記事を読まれている皆様の中にも、普段から筋緊張やつっぱり感が強くつらいからマッサージしてもらって少しでも楽になるからしているという方も多くいらっしゃると思います。

 

でも今回の記事で、マッサージやストレッチをしてもなぜその効果が持続しないのかが、少しはわかっていただけたと思います。

 

 

当院は整骨業務も並行して行っているからこそ思う事があります。

 

肩コリや腰痛、膝痛などでもつらい症状があるからそれをマッサージやストレッチなどして、その場は楽にはさせれるかもしれません。

 

しかし、何がその症状を作っているかの原因を考え、その原因を解消しない限りは、根本的な症状の改善にはつながりません。

 

片麻痺の症状で悩まれている方も、なぜ筋緊張やつっぱり感が起こるのか?なぜ手足が動かしにくいのか?などその原因を考える必要があります。

 

その原因を取り除いていかない限り、本当の改善にはつながらないと考えています。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です