脳梗塞後遺症・片麻痺のリハビリ『百彩整骨院』

整骨編  患者様の声②

 
この記事を書いている人 - WRITER -

当院のブログ記事にお越しいただきありがとうございます。

 

当院は、片麻痺専門整骨院であり並行して整形外科的疾患を取り扱った整骨業務も同時に行っています。

 

今回は、片麻痺のクライアント様ではなく整骨業務での患者様の声を掲載したいと思います。

 

 

患者様の声

この方の主訴は、右肘粉砕骨折手術後の後遺症による可動域制限および右上肢の疼痛

※それ以外にも、ケガの手術後遺症による歪みからの身体的バランスの異常も半端なかったです。

 

 

この方は来院時、右肘の可動域制限が半端なく右肘が90度まで曲がらず、また肘がまっすぐに伸びず前腕の回内回外動作も肩などの代償動作を使いやっと動かしている状態でした。

 

ドクターからも、「これ以上は良くならない」と言われたそうです。

 

そんな中で洗顔や洗髪などの日常動作でさえ痛みが増し、痛みに耐えきれずすがる思いで当院に来院してくれました。

 

今現在は、右肘の可動域制限もかなり解消し、痛みもなく動作時の若干のつっぱり感が残存する程度まで回復しました。

 

 

この方は、右肘の影響もさることながらいろいろなケガの影響から全身の代償動作による生活が長かったため不調が起こったものだと思えます。

 

 

全身調整をすることで、右肘の部分的な施術と違い大幅な症状改善につながった症例だと言えます。

 

 

 

でもここまで来るのに多くの時間を費やしてきました。

 

今まで負担をかけた体を変えるって並大抵のことではありませんね。

 

ご本人様の努力の賜物だと思います。

 

最後に

 

アンケートにご協力いただき掲載OKまでしてもらい感謝申し上げます。

 

 

百彩整骨院  齋藤隆行

 

 

 

 

※R3年8月現在、整骨業務における保険診療、特別診療(保険外)ともに完全予約制になっております。

 

※ご興味のある方は、お手数ですが予約をされてからお越しいただきますようにお願いします。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です