脳梗塞後遺症・片麻痺のリハビリ『百彩整骨院』

デイサービスやデイケアなど介護保険を利用した機能回復には限界がある

 
この記事を書いている人 - WRITER -

回復期病院を退院した後に、片麻痺の症状で悩まれている方が維持期の機能回復の場所として、多くの方がファーストチョイスとして、デイサービスやデイケアなど介護保険を利用した施設を選ばれることが多いと思います。

 

なぜなら病院側からケアマネージャーさんなどを紹介され今後、退院されてからの生活のすべてをいろいろな面でサポートしてもらうことになります。

 

まずは、ケアマネージャーさんから介護保険などを利用した施設を紹介されることで、利用者様への金銭的な負担、今後のご希望などを考慮しながら、その方にとって最良のリハビリ訓練、機能回復訓練をしてくれるデイサービスやデイケアなどを紹介することが多いためだと思っています。

 

ただ安価で気軽にリハビリ訓練が行えるデイサービス、デイケアが片麻痺の機能回復に最良かというと少し疑問を感じています。

 

当院のクライアント様の中にも、デイサービス、デイケアしか良くなる方法を知らなかったという方も数名いらっしゃいました。

 

今回は何故、

 

『介護保険をあつかう公的な施設でありながら片麻痺の機能回復には限界があるのか』

 

をテーマに当院の独自の視点から述べていきたいと思います。

 

 

デイサービスの役割とは

デイサービスとは、主に在宅で介護を受けている高齢者が通って利用する所をいい、通所介護ともいいます。

 

デイサービスに求められている主な役割として、

  • 入浴、排せつ、食事等の介護
  • 自立に向けた機能訓練
  • 孤立感の解消、社会参加
  • ご家族様への身体的、精神的負担の軽減

と定義されています。

 

このことからでも、対象になられる方がまず高齢者であることがうかがえます。

 

片麻痺の方でも介護を必要とする方も当然いらっしゃることから、デイサービスを受けることに意味はあります。

 

しかし、自立に向けた機能回復ということに重点を置いていないことや、高齢者を対象にしているということは年齢によっての廃用症候群予防・改善をメインとしているところが多くなります。

 

そのためデイサービスでの機能回復訓練は、片麻痺に特化したリハビリではないことは言うまでもありません。

 

このようにデイサービスでは、年齢からくる身体機能の低下した高齢者または、社会参加を目的とした高齢者の方にとっては最適なところだと言えます。

 

 

デイケアの役割とは

デイケアは病院、診療所、介護老人保健施設などの医療機関やリハビリテーション施設に併設されていることが多く、病気やケガなどが原因の機能低下に対して、身体機能の維持、回復、認知機能の改善、日常生活の改善の役割を果たしている。

 

これらは、医師の指導のもと、理学療法士、作業療法士などにより個別ないしグループで、機能回復訓練が行われています。

 

デイケアを利用する際は、主治医の指示書が必要になります。

 

このことからも、デイケアはデイサービスよりかは、具体的な機能回復に重点を置いていることから、片麻痺の機能回復にも多く利用されていると言えます。

 

 

なぜデイサービス、デイケアでは機能回復に限界があるのか?

※ここでは当院の考え方によるものです。

一概にここに書いた内容がすべて正しい、また誤りだと言えるものではないと思っています。

こういう考え方、見方もあるのかと思って一読していただければと思います。

 

 

 

デイサービスの役割の所でも述べた結果からデイサービスでは、自主に向けた身体機能の回復ということに重点を置いていないことからも、片麻痺の方にとって特化した身体の機能回復リハビリではないことは言うまでもありません。

 

デイサービスは、年齢からくる身体機能の低下した高齢者または、社会参加を目的とした高齢者の方にとっては最適であるといえるでしょう。

 

一方、デイケアはどうかというと、デイケアの役割の所でも述べたことからもわかるように、病気、ケガなどの身体的機能の維持、回復に重点を置いていることから、デイサービスよりかは片麻痺の機能回復に一役かっていると思います。

 

ただここでも片麻痺の機能回復には限界があると言わざるを得ません。

 

その理由として、私個人が考えている3つの大きな要因は、

  • パーソナル(個人的に)で行われるリハビリ時間が圧倒的に少ない
  • 高齢者や、ケガなどからの機能回復訓練と片麻痺機能回復も同様のリハビリ訓練が行われていること。(パワーリハビリ系)
  • 機能回復というよりも機能維持(残存した筋肉など)という面のリハビリ方針の施設が多い

ことがあげられると思います。

 

 

圧倒的にパーソナルで行われるリハビリ時間が少ない

皆様も回復期病院でリハビリしていた頃を思い出してみて下さい。

 

1日、2~3時間の個別リハビリ、空いた時間にも自主リハビリをものすごく行っていたことと思います。

 

特に維持期で重要になってくるのが、どのくらい理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を含めた専門家がリハビリに時間を費やしてくれるかだと思います。

でもデイサービス、デイケアではどうでしょうか?

 

個別で理学療法士、または作業療法士などの専門家がついてリハビリしてくれる時間はせいぜい30分程度、多くても45分がいい所なのでは??

 

それも毎日ではなく・・・。

 

それに専門家がついてリハビリ訓練する時間以外は、リハビリ器具などを使って自主的にリハビリ訓練をしている時間の方が多いのではないでしょうか?

 

片麻痺の方は、ただでさえ専門家がついて訓練しても、麻痺などの障害により正確な動作の訓練を正しくすることが出来にくいのに、自主的に訓練なんてとても正しくできるとは思えません。

 

よく考えてみて下さい。

 

同じ2時間を自主的に行うリハビリと、専門家がずっとつきっきりでリハビリした時の効果はどちらが高いかを。

 

 

※日本の国の医療制度から回復期、維持期での保険を適用したリハビリ訓練には専門家が行えるリハビリ時間に制約があります。

特に維持期においては、専門家が行えるリハビリ時間は回復期に比べ圧倒的に少なくなり、機能回復というよりは、今よりも悪くさせない、現状維持になってしまっています。

 

 

高齢者やケガなどからの機能回復訓練と片麻痺機能回復訓練も同様のリハビリ訓練が行われていること。(パワーリハビリ系)

高齢者やケガなどからの機能回復訓練と片麻痺機能回復訓練の考え方は根本的に違うものだと考えています。

 

高齢者や病気やケガなどからの機能回復に必要な考え方は、低下した筋力や関節の可動域、体力の向上をさせることで、身体機能の回復を目指すためにパワーリハビリ系の訓練が効果を発揮するものだと思っています。

 

一方、片麻痺の方の機能回復に必要な考えは、低下した機能の回復も大事なリハビリなのですが、まずは麻痺したことで動かなくなった筋肉や感覚、脳からの命令系統などの再生をさせることがメインで取り組まなければならないリハビリだと考えています。

 

ケガなどのように、筋肉、関節、体力面などの身体機能が低下していても、ゼロではなく少しでも働いている場合には、パワーリハビリでも充分、機能回復をとげれると思います。

 

しかし、脳の障害により、脳や命令系統、筋肉など、まったく0といったように働かなくなってしまったものにいくらパワーリハビリなどで動かそうとする訓練をしてもあまり効果が上がらないのは、この状況が考えられると思います。

 

まずはパワーリハビリ系ではなく、麻痺した状態の0→1でも2でも脳や命令系統、筋肉などすべてが働けるように再構築していく必要があるのです。

 

 

機能回復というよりも機能維持(残存した筋肉など)という面のリハビリ方針の施設が多い

デイサービスやデイケアなどでは、片麻痺の機能回復というよりは機能維持していくという考え方でリハビリを進めている施設も多いと思います。

 

回復期と違い、専門家などによるリハビリ時間が圧倒的に少ないことや、高齢者やケガ、片麻痺の機能回復訓練がすべて画一的にパワーリハビリ系の訓練によって進められていることも、残存機能の向上、維持が目的という考え方からきているものだと思います。

 

施設側も当然、少しでも機能回復を目指して訓練していると思いますが・・・

 

 

まとめ

日本の国の医療制度から回復期、維持期での保険を適用したリハビリ訓練には専門家が行えるリハビリ時間に制約があります。

 

回復期には、専門家によるリハビリ訓練に大幅な時間が設けられています。

 

一方、維持期になると、大幅に時間が削られた中で専門家とのリハビリ訓練では機能回復において限界があると感じています。

 

安価でリハビリ訓練が出来るという点では良い事だといえます。

 

まだまだ良くなりたい、少しでも症状を改善したいなどと本気で考えた場合、専門家が十分な時間を取ってリハビリできる所を選ぶことも機能回復という点からもの凄く重要になってくると思っています。

 

”本気で片麻痺を良くしたい”という考えをお持ちの方は、

  • パーソナル(個人的に)で行われるリハビリ時間が圧倒的に少ない
  • 高齢者や、ケガなどからの機能回復訓練と片麻痺機能回復も同様のリハビリ訓練が行われていること。(パワーリハビリ系)
  • 機能回復というよりも機能維持(残存した筋肉など)という面のリハビリ方針の施設が多い

この部分を一度よくお考えになられてみて下さい。

 

ただクライアントさん自身が納得して気兼ねなく理想的なリハビリを行うには、金銭的な負担も大きいものになってしまいますが・・・

 

これらのことを良く考慮してから、今後のご自分の進む道を考えるのも機能回復という意味では、重要なターニングポイントになるのではないでしょうか?

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です